« 牛にも梅 | トップページ | 「食品の裏側」にもの申す・・・梅干し屋の意見 »

2006年4月17日 (月)

疲労の真実 クエン酸Vs.乳酸

乳酸は「疲労物質」とも呼ばれますね。
100mダッシュとかのいわゆる“無酸素運動”をすると筋肉に乳酸がたまって疲労の
原因になるとか。肩こりの原因もこれだとか・・・・・。
で、これを取り除くのがクエン酸で、だからクエン酸は疲労回復にいい、というのが
今までの通説でした。わたしもそう思ってました。

ところが・・・・・。

ためしてガッテンによると、乳酸は疲労の原因物質ではなくて、疲労を和らげると
言うではないですか!
たしかに、運動すると乳酸がどっと出てくるんですが、これは疲労を作っているので
はなくて、疲労を和らげるためとのこと。
その証拠に、運動すると乳酸が出てきますが、そのまま運動を続けても乳酸は減っ
ていきます。

じゃあ、クエン酸の役割は?というと、炭水化物に由来する、アセチルCoAという物質
を原料として、エネルギーを作り出す、クエン酸回路(TCA回路)をまわす役。
この回路の中で、クエン酸はいろんな物質とくっつきながら、エネルギーを出していき
ますが、そのまま消えるのではなくて、アセチルCoAとくっついてまたクエン酸に戻る
という、すごく効率のいいシステムです。
クエン酸を供給することで、この回路を活性化して、結果、エネルギーを生み続けて
いくわけです。

で、一方の乳酸ですが、運動するアセチルCoAの一部が乳酸に変化しますが、この
乳酸もじつはまたアセチルCoAに戻るんです。
クエン酸は、クエン酸仮を活性化することにより、乳酸がアセチルCoAに戻るのを
助けていると考えられています。

つまり、疲労において、「クエン酸Vs.乳酸」のような関係にはないのですね。クエン酸と
乳酸は一緒に助け合って疲労防止に努めているといえます。

|

« 牛にも梅 | トップページ | 「食品の裏側」にもの申す・・・梅干し屋の意見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 疲労の真実 クエン酸Vs.乳酸:

« 牛にも梅 | トップページ | 「食品の裏側」にもの申す・・・梅干し屋の意見 »